普段使いの500点 26日までチャリティー陶芸展 春日部


 アマチュア陶芸家十一人による「チャリティー陶芸展」が二十三日から春日部駅東口のギャラリー・たけいで始まった。二十六日まで。

 春日部、蓮田、さいたま市などに住む陶芸同人「土里囲夢(ドリーム)」が主催。今回で六回目。

 会場には茶わん、皿、コーヒーカップ、花器、ランプなど普段使いの陶器約五百点以上が展示され、即売も行われている。

 さいたま市岩槻区から来た男性は「初めて立ち寄った。作品の質が高い」と喜んでいた。

 収益金は社会福祉協議会への寄付と災害の救援金に充てられる。午前十時から午後七時(最終日は三時)まで。

 問い合わせは金谷さん(電話048・754・3866)へ。

元ネタ

この教室の情報をタレ込む?(コメントください)