【甲賀】子どもらの焼き物180点 甲賀で世界にひとつの宝物展


 子どもや障害のある人たちの陶芸展「世界にひとつの宝物づくり展」(実行委員会など主催)が10日まで、甲賀市信楽町の県立陶芸の森信楽産業展示館で開かれている。無料。

■森信楽産業展示館

 本年度から県と陶芸の森が主催する「世界にひとつの宝物づくり事業」がスタート。陶芸の森の展覧会で一流作家の焼き物を鑑賞し、創作意欲を喚起させながら陶芸家の指導で作陶に取り組む。

 10月半ばまでに保育園、小中学、高校のほか、育児サークルや障害者の団体など県内25団体が参加。本展では参加者の作品のうち約180点を展示している。

 土鈴やオカリナ、皿、マグカップなど、一人一人の個性が生かされた世界でたった1つの作品を紹介している。

 (野条茂)

元ネタ

この教室の情報をタレ込む?(コメントください)