【東濃】 志野の器など30点展示 土岐の美濃陶磁歴史館


 土岐市泉町久尻の市美濃陶磁歴史館で、企画展「魅せられて−志野−」が開かれている。10日まで。約400年前の桃山時代から伝わる志野の器など30点が並ぶ。

 志野は、桃山時代に生まれ、長石による白いうわぐすりや筆描きによる下絵付けなど、それまで日本の焼き物になかった技術が使われた点が特徴。当時、京都や大阪で流行した茶の湯の世界で受け入れられたが、桃山時代以降は断絶した。

 展示は、大名や豪商の家に伝わり、現在まで残った伝世品や出土品が中心。昭和初期の売り立て目録もあり、志野が市場に出てきた経緯が分かる。

 志野の伝統を受け継いだ故荒川豊蔵さんと鈴木蔵さんの人間国宝2人の作品も合わせて紹介されている。

 (清水祐樹)

元ネタ

この教室の情報をタレ込む?(コメントください)