和紙と陶芸の間接照明並ぶ 増穂町の酒蔵ギャラリー「六斎」で作品展


増穂町青柳町の酒蔵ギャラリー「六斎」は二月十二日まで、和紙と陶芸を組み合わせて作った照明の作品展「蔵の中の和紙あかり・八雲の仲間たち」を開いている。
 同町舂米の工房「八雲」のメンバーが制作した間接照明の作品約六十点を展示。陶芸を部分的に切り抜き、和紙を内部に張り巡らせるなど、オリジナリティーあふれる作品が並んでいる。
 作品は、会場である酒蔵のすすけた雰囲気にマッチしていて、温かみのある展示空間を演出している。

元ネタ

この教室の情報をタレ込む?(コメントください)